アイロンビーズは独創的で大人も子供も楽しめます

アイロンビーズの楽しみ方

アイロンビーズは独創的で
大人も子供も楽しめます

  
アイロンビーズたぁ、ハマビーンズやパーラービーンズやらのメーカーから出されとる、プラスチック製のビーンズで、いろいろな種類のビーズを組み合わせて、プレート上に図柄を描き、アイロンでビーズ同士を接着させる、ガキ用の玩具じゃぁ。

ハマビーズはアンデルセンの国デンマークの玩具でマルタハニング社ゆうところで作られとるんじゃけぇねぇ。

ハマビーズはアイロンビーズの王様ゆわれるぐらい、高品質なアイロンビーズの商品を販売しとるんじゃけぇねぇ。

最初はガキの玩具として販売されとったが、ジグソーパズルんように、大量のアイロンビーズを使った、一種のクラフトワークんように楽しむ大人が増えとるんじゃけぇねぇ。

レゴやらとも共通しとるんじゃが、部品を組み合わせることで、個性的なデザインのアイロンビーズが出来て、達成感も味わえるけぇねー、結構ガキそっちのけで、自分で楽しんどるおかんが多いってゆーことじゃぁ。


アイロンビーズの醍醐味

驚いた事に、パソコンで図柄をデザインする、フリーのツールまで作ってしまう人まで出てきとるんじゃけぇねぇ。

レゴやジグソーパズルも、行くところまで行った感があるんじゃが、アイロンビーズは、ビーズのバリエーションで、デザインの幅が広く、ジグソーパズルんように平面ばっかしでのぉてねぇ、立体的なもんもできるけぇねー、想像力を掻き立てる点じゃぁ、今までにないパターンのピースクラフトゆえるじゃろぉ。

アイロンビーズの基本は、写真やらをプレートにしてからね、アイロンビーズを嵌め込んでいくんが一般的な、入門者用の手法じゃぁ。

アイロンビーズの数は、プレートの色柄に対応した数が必要じゃが、それをいろいろ工夫してからね、原画と違うイメージに仕上げていくんも、アイロンビーズの醍醐味じゃぁ。

この辺がジグソーパズルにない、アイロンビーズの創造的な部分じゃぁ。


アイロンビーズの図案のデザイン

アイロンビーズに慣れてきた時点で、原画のデザインから作って行くんじゃ。

原画のデザインは、パソコンやらのペイントツールを使っても、ビットマップで、アイロンビーズなぁめ込みやすい原画が作れますけぇ、便利じゃぁ。

絵画のデッサンにんように、素描風の原画を作り上げても、方眼紙のグリッドに合わせるような処理を行わんと、アイロンビーズをはめ込む際に、苦労するんじゃ。

大判の作品を作る場合は、原画をパソコンで、幾つかのパーツに分割してプリントアウトすりゃぁ、ある程度の大われで可能じゃぁ。

最も難易度の高い、立体的なオブジェを作る場合、各面をアイロンビーズのプレートを貼り付けるような、単純なモノから、徐々に局面を使ったプレートの組み合わせを試してみてぇや。

最初から立体のプレートに挑戦しても、変形したプレートの面にアイロンビーズを嵌め込むより、基本のテクニックを身につけてから行った方が、イメージが湧いてきて、楽しぃんじゃ〜。
Google

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.