アナップでオシャレにきめよう!

アナップでオシャレにきめよう!

アナップはアナップヤタカコーポレーション傘下のファッションブランドです

  
アナップアナップヤタカコーポレーション傘下のファッションブランドじゃぁ。

もともたぁ旧エイ・エヌアートプランニングが始まりで、直営するアナップとフランチャイズを展開しょぉったヤタカコーポレーテッドと合併する形で出来た会社じゃぁ。

会社の沿革は1980年代に遡るけぇ、ファッションブランドの会社としちゃぁ老舗ゆえますけぇねぇ。

アナップヤタカコーポレーション傘下のブランドじゃが、基本のコンセプトは、カジュアルファッションのカテゴリーに入るんじゃが、アメリカのブラックカルチャーに影響された、70年代志向のポップ感覚が売り物で、ストリートファッションとちぃとイタリアンテイストがスパイスとして盛り込まれとるんじゃけぇねぇ。


アナップの派生ブランド

アナップブランドゆっても、きょうびのファッション業界じゃぁ、トータルコディネイトが流行っとるんじゃが、アナップも幅広いファッションアイテムを、独自のブランドと切り離した、派生ブランドを作っていく戦略を取っとるんじゃけぇねぇ。

この戦略は、基本ブランドのイメージを保ちもって、いろいろなデザインにチャレンジするための、賢明なやり方ゆえるじゃろぉ。

アナップの派生ブランドは、セッテモ・アナップアナップ・ラッティーナ、アナップ・ミンピ、アナップUSA、チル・アナップアナップ・キッヅ、アナップG、アナップスポーツ、アナップ・シルバー、アナップ・メンやら、えっと有るんじゃけぇねぇ。

セッテモ・アナックやアナップ・ラッチーナ、アナックUSAは、アナップよりも上の年齢層を狙った商品で、カジュアルからフェミニンな大人のテイストのファッションまで、様々なバリエーションが揃っとるんじゃけぇねぇ。


アナップの基本姿勢

共通して言えるなぁ、きわどいけどお洒落ゆぅた、遊び心のあるラインアップで、TPOにあわせて、ファッションを楽しんでちょーだいとばかりの、ブランド群ゆえるじゃろう。

アナップは、そのターゲットを20歳から30歳台がメインターゲットとしょぉって、当然その年齢層にゃぁ、ガキもいますけぇ、そのガキ達のファッションにも配慮した、アナップ・キッズを用意しとるんじゃけぇねぇ。

その他にもアクセサリーやバック、シューズ、シルバージュエリーに至るまで、全てアナップで揃えることが出来てしまうぐらい、豊富なバリエーションを誇っとるんじゃけぇねぇ。

いろいろな消費者のニーズに応えながらも、アナップの基本姿勢は、低価格なんじゃけどファッショナブルで、高品質ゆうことに変わりゃぁのぉてねぇ、そこが消費者から支持される理由じゃろぉ。

Google

Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.