Audible(オーディブル)の無料体験をおすすめする理由

Audible,無料体験,オーディブル

 

私がAmazon?Audible(オーディブル)を使いはじめてもう4ヶ月が経過しました。月額1500円は高いよなぁと感じていたためにずっと入会は躊躇していましたが、今ではAudible(オーディブル)なしの生活は考えられなくなりました。

 

なぜかと言うと読書といえばAudible(オーディブル)となったからです。私は、早いときには1日で、一冊クリアしちゃいます。そして必ず2回は繰り返して聴くようにしています。2回聴くと本の内容がかなり頭のなかにインプットされてその本の内容を自分の考えのなかにプラスできるようになります。この体験は感動ものです。

 

これは私個人の意見ではなくThinkClearlyの著者ロルフ・ドベリ氏も自書のなかでこんな風に述べています。

 

【思考法37】読書の仕方を変えてみよう

読書効果を最大限に引き出す方法。読んだ本の内容をほとんど思い出せない私たち。よい本を選んで2度読む。読書効果は3%から30%に10倍になる。

 

 

Audible(オーディブル)なら本を2度読むことなら一週間あればできちゃいます。忙しいあなたにはとても魅力的な提案なんじゃないかなって思います。ちょっとした移動時間にもがっつり読書できちゃいますから絶対やめられなくなりますよ。

 

とは言っても人間は実際に行動してみないと理解できないようにできています。一時的にやってみてもいいかなって思っても後回しにしたら放置状態になってしまいます。私もそんなことを繰り返す間に2ヶ月なんてあっという間に過ぎていました。

 

まずはさくっと無料体験してみるのが賢明です。読書しながらお月見してみるのもいいもんですよ。

 

 

 

Audible(オーディブル)の無料体験で分かったこと

 

Audible,無料体験,オーディブル

 

私がAudible(オーディブル)の無料体験をやってみて分かったこと「無料体験期間はスペシャル待遇でした」という体験談をお話します。最初にお得な情報からお話しますと、無料体験中でも本(以下はライブラリーと呼ぶ)を返品できちゃうんです。しかも返品したライブラリーがなくならずに利用できるんです。これって実質聴き放題じゃんって喜んでいたんですが無料体験が終わると最初にダウンロードしたライブラリー以外は消えてなくなりました。やはりそんなに甘くはないです。

 

ただAudible(オーディブル)だからこその太っ腹サービスがあることにニヤリとさせられました。返品したのに最初の1冊は手元に残っていました。つまり無料体験中に2冊分のライブラリーが手に入ることになります。

 

なので本当に手元に置いておきたい本を最初にダウンロードすることをおすすめします。私が無料体験中に返品した最初の1冊はまだ手元に残っています。無料体験の期間中に2冊を返品し3冊ダウンロードしました。本来なら3冊目しか手元には残らないはずなのに私のライブラリーには、「7つの習慣」と「ThinkClearly」の2冊が残っていたんです。さすがAmazonは太っ腹ですよね。

 

 

Audible(オーディブル)の無料体験期間中に体験してほしいこと

 

私がAudible(オーディブル)を使ってみてとても素晴らしいと感じたのがこの3つの体験です。

  • 歩きながらAudible(オーディブル)
  • アウトプットを決めてAudible(オーディブル)
  • 本を読みながらAudible(オーディブル)

 

私はサラリーマンです。なので通勤時間というロスタイムを抱えて人生を送っています。このロスタイムを有効活用するためにウォーキングを取り入れているんですけど、この時間にAudible(オーディブル)で読書ができるようになります。ウォーキング×Audible(オーディブル)は素晴らしく相性がよくって会社帰りの疲れているときでもウォーキングを始めるとやる気スイッチが入ってAudible(オーディブル)で読書できちゃいます。これは毎日繰り返すわけで積み上げられる時間はこんな感じです。

 

1日朝夜の合計 40分
1ケ月の合計  800分=13時間20分

 

これは少なく見積もっています。なんせ歩くときは1日1時間30分くらいはウォーキングしているわけで2倍以上は確保できるということです。しかもAudible(オーディブル)なら倍速で視聴かのうですから、1冊なら5時間が2時間30分です。そうすると1ケ月で5冊も読めることになるんです。これはお得ですよね。

 

私のケースでいうとこのブログをご覧いただけるとお分かりいただける通りAudible(オーディブル)のライブラリを書評しています。そうです読書するだけでなくアウトプットにつなげるときもAudible(オーディブル)が超便利なんです。耳から聴いていることで理解力があがるというだけでなく、ライティングしながらAudible(オーディブル)視聴できるためブログに書かなくっても、メモを取りながら読み進めることができちゃいます。

 

本を読みながらAudible(オーディブル)っていうのはKindleとの併用ってことになります。Kindleで何をするのかっていうと聴いてる先を読んだり本に掲載されている図を参照することでAudible(オーディブル)を使った読書でのインプットが格段に効率よくなります。

 

 

 

Audible(オーディブル)無料体験の次のステップへ

 

もし気に入っていただけたなら無料登録した日から1ヶ月後に正式会員として初のコインが配布されます。そして1500円の月額が発生します。

 

でも決して損はさせませんよ。

 

Audible(オーディブル)使い方の教科書

 

Audible(オーディブル)の視聴は専用アプリが必要になりますが、このアプリの機能がなかなか洗練されています。聴いている途中でメモしておきたいポイントやもう一度ここ聴きたいなって思ったらブックマークです。保存したブックマークを押せばいつでも気になるポイントから聴き始めることができるんです。また欲しいライブラリーを見つけたときはウィッシュリストに登録です。コインを入手したときにこのウィッシュリストから選択することができるんです。あとは再生速度も3.5倍まで設定できるため時間の節約につながります。速読の技術を持っていなくてもアプリでお手軽に速読できちゃうんです。Audible(オーディブル)を4ヶ月使っている私はというと通常は2倍速で聴いています。倍速は慣れれば誰でもどんどん早くなっていくので超お得な機能ですよね

 

 

残念ながら価値を見いだせなかった方は退会手続きしていただくことになります。

 

Audible(オーディブル)退会の方法を解説

 

画面付きで説明しちゃいますね。まずはホームページに移動してみてくださいね。

 

Audible,無料体験,オーディブル

 

こんな感じでAudible(オーディブル)のホームページ画面が表示されますので、一番上側にアカウント名としてあなたの名前が表示されています。「タガヤスさん、こんにちは!」みたいな感じです。その右側に下矢印みたいなマークをクリックしてみてください。「アカウントサービス」っていうメニューが表示されますよね。

 

はい、「アカウントサービス」メニューを選択してみましょう。

 

Audible,無料体験,オーディブル

 

上図のようにAudible(オーディブル)会員のアカウント情報画面が表示されますので、画面中央の左側にある「退会手続きへ」をクリックしましょう。

 

Audible,無料体験,オーディブル

 

はい、退会しても大丈夫か手的な確認画面がでてきます。すでにダウンロード済みのライブラリは継続して利用できますのでご安心くださいね。ということで、「このまま退会手続きを行う」をクリックですね。

 

Audible,無料体験,オーディブル

 

これが最終確認でして、何度もすみませんね。「退会手続きを完了する」のクリックをお願いします。はいっこれで正真正銘、退会手続きの完了となります。またのご愛好をお待ちしております!

 

 

最後にAudible(オーディブル)の無料体験で感じてほしいこと「まとめ」

 

ライブラリーを使って人生を変えるために深く理解したいときはAudible(オーディブル)が絶対おすすめですね。なぜかと言うと読みきりたいテクノロジーや経済、思考関係の本を手にしたときのイアツカンって感じたことないですか?目が拾ってくるんですよね…われわれの知らない用語や難解な単語をね…

 

そうすると先に進めなくなったり本屋さんで立ち読みしてももとのスペースに戻しちゃった経験ありませんか?

 

AmazonAudible(オーディブル)なら大丈夫です。7つ習慣だろうと、複利で伸びる1つの習慣だろうがイシュードリブンだろうが簡単インストールできちゃいます。私がAudible(オーディブル)を手放せなくなった理由でした。

 

 

2020/9/19 公開