人生ボロボロだって感じたときに

<% metaKeywords %>

 

人生ボロボロって感じたときに読んで欲しい人生に疲れたあなたが人生やり直すためにできることを一緒に考えていきましょう。

 

なにをやってもダメで家庭では奥さんとはちょっとしたもめごとで喧嘩ばかりだし、会社でも仕事のトラブルが多くて上司との人間関係も悪くなる一方で…

 

家庭でも職場でもあなたの居場所なんてないんだよなっていうあなたにちょっとだけ自分の人生を見つめ直してみませんか?

 

人生ボロボロって感じたときこそ自分を見つめ直すチャンスなんです。なぜかっていうと疲れきったあなたの心はなんとかしたい一心から素直さを取り戻し普段は、あなた自身も気づかなかった悪習慣や癖に気づかせてくれることでしょう。

 

 

 

 

人生ボロボロって感じたら…

<% metaKeywords %>

 

自分自身のことを見つめ直すとき人生がボロボロに感じる原因は1つだけとは限りませんから、あなたの人生のあらゆる場面を想定して見つめ直してみましょう。

 

 

プライベートの問題を考えてみる

 

家庭での心配事やトラブル、恋人関係や友人関係もありますし仕事が忙しくて趣味の時間がとれていないなぁって人もいるんじゃないですか?

 

休日はだらだらテレビを観たりゲームしたりで過ごしちゃうことになれてしまっていますが、あらためて考えてみると孤独感からくる寂しさが原因でなにもやる気がでないことに気づくかもしれません。

 

 

仕事がうまくいかない

 

自分なりに仕事はがんばっている、なのに成果がでないこともあります。だけどいつもトラブルばかりっていう人は自分自身を振り返ってみることが大事ですよ。ひたすら頑張るだけでは通用しないわけでひと工夫が足りていないことが多いからです。

 

あとできない原因があなたは以外の要因であるケースも想定しておく必要がありますよ。組織の問題や客先の問題だったり、そもそもできないことをやっている可能性だってあるんですから。

 

与えられることすべてをできる必要はないんです。分析してできそうになければ理由を明確にしてできませんってエスカレーションすることが大切なことなんです。

 

 

将来を悲観している

 

終身雇用制が崩壊したとか日本の人口減少は世界で初めて経験する問題だとか若者の自己肯定感が世界水準より低いといった情報が溢れていてあなたの将来も決して楽観できないと決めつけられています。でも果たしてそうなんでしょうか?世の中はテクノロジーが進歩して情報も溢れているし科学も進歩しているんですよ。勉強して学習することで知識もスキルも向上します。

 

行動すること、人に会うこともインターネットを使えば時間や場所の制約もなくなります。その気になれば会社にいるときでも(笑)

 

変化を楽しめることがいま求められているスキルなんですね。風の時代をチャンスととらえて日々進歩しているあなたになれるようブログからTwitterからも応援していますよ。

 

 

自分を卑下している

 

真面目なことは素敵なことなんですよ、でもね真面目なのはスタンスだけでいいんです。だって世の中すべて失敗だらけなのに毎回いつも自分の力不足だからと責めていてもよい結果には繋がりませんよね。失敗を真摯にとらえつつも真面目にやるのは原因分析であって誰も責任問題まで追及したりしませんから。

 

自分を卑下するのは逆に傲慢というか世間知らずなんじゃないかなって感じますよね。失敗はある意味で結果が出せているだからOKなんですよ。経験値はアップしていますよね?

 

どちらかと言えば失敗したあとが重要で是正材料を探しだして次の対策に繋げていきたいですね。問題解決できると自己肯定感がアップして運もまわってきますから。

 

 

他人と比較している

 

あなたの世界はあなただけのもの、人それぞれの世界観を持っているのでオンリーワンの生き方をおすすめしています。少々自己中なくらいにガツガツ生きてみるのも楽しいですから。

 

だいたいにして日本の教育方針は間違っていて協調性とか軍隊じゃないんですからあり得ませんよね。個性豊かに互いを尊重して協力するのが正しい姿なんじゃないでしょうか。

 

人と比べるのはお手本とするときだけですよね。学習するという日本語はよくできていて、学んで習う。このときは人と比べることを許容しますけど普段は必要ない考えなんですね。

 

 

人生ボロボロをやり直すためにできる7つのこと

<% metaKeywords %>

 

あなたが人生ボロボロだって感じる原因がうっすらと見えてきたでしょうか…?

 

人間は絶望を感じたとき開きなおる習性を持っているみたいで今のあなたは心も静かに腹が座っている状態になりつつありますよね。

 

そんなあなたに7つの提案をさせていただきますので、あなたがやってみたいなって考えているアイデアの参考になれば嬉しいです。

 

 

ゆっくり休息

 

疲れたら休むのが基本です。ゆっくり寝るのもいいですし温泉に出掛けてみるのもいいんじゃないですか?

 

もしかしたら副業を頑張っているけどもう疲れちゃったっていう人は少し休みをとるか他に楽できそうな副業がないか探してみてもいいんじゃないですか?

 

楽して稼ぐのって悪いことじゃないんです。なるべく仕組み化して収益をあげないと資本主義のメリットを活かせてないからもったいないです。いかにして楽できるかという視点も持ち合わせておくことが重要かと思います。

 

 

規則正しい生活

 

23時〜2時の睡眠が脳の回復には1番効果あるんですよ。早寝早起きは基本で朝のフレッシュな脳を上手に使うことで成果が違ってきます。

 

朝に成果を出しておくと1日をゆとり持って過ごせることになりインプットの質はあがりますし、積み上がる成果も膨らんでいきます。

 

作業だけでなく体もリフレッシュされて疲れにくくなることから作業効率もあがります。表情も明るくなりコミュニケーションスキルもあがることでしょう。

 

リズムが大切で

 

 

過去を悔やまない

 

過去の捉え方として提案があります。

 

その前にこれまでの人生を振り返ったときに失敗した原因でもっとも多いケースはあなたが自分のことを分かってなくて、判断を誤ってしまったから。あなたにも心当たりはありませんか?

 

だとしたら過去の過ちを後悔するよりもあなた自身を知るためのデータとして扱うのが賢明だって分かりますよね。過去の自分が残した足跡をたどることであなた自身を客観的に見ることができるようになります。

 

いかがですか?

 

過去を悔やんでうじうじするよりも謙虚な姿勢で過去の自分を省みて素直に受け止めることで前向きに生きていくことができるようになるんです。過去のあなたの行いをデータベースにしてこれからのあなたのために活用してみましょうよ。

 

 

自分自身を認めてあげる

 

自分に厳しくすることは悪くはないですけどいきなり成果をあげるのは難しいですからね。少しずつ成果を積み上げる必要があることを考えると毎日のプロセスに着目し、あなたが積み上げた成果をチェックし良い悪いを判断していくことが重要です。

 

あなたが自分自身を認めることは脳を躾ることにつながります。いかにして脳をやる気にさせるかで成果が大きく変わってくるんですね。あなた自身がやる気になる仕組みを脳に与えることが習慣となりあなたが持っている力をどれくらい発揮できるかに関係してくるんです。

 

その第一歩があなた自身を認めてあげることなんですね。どうせやるんならあなたらしくぶち抜いてみたいじゃないですか。一発やったりましょうよ。

 

 

やりたいことをやってみる

 

はいっ。ということで僕たちは幼少のころからまわりに協調することを教え込まれてきました。出る杭は打たれるんですね。学生時代はそうやって育ってきて、社会にでると自分で考えてやれって言われても…ね。

 

まぁいきなり大きなことはできないですけど、普段やってない旅行にいってみたり、休暇をとって平日にぶらぶらしてみたりでいいんじゃないですか?

 

もしできそうなら副業であなたの得意で困っている人に価値提供してみるのもいいですよね。おっさんレンタルなんてのもありますしね。

 

ときにはあなたの常識を打ち破って気になることをやってみるもんです。そこから何か変わる気がしませんか?

 

 

大きな目標を立てる

 

大きな目標っていうのは人生のビジョンになりますね。あなたの夢を叶えることを目標にしてもいいんじゃないですか。

 

目標は無理そうなら変えてもいいですし、モチベーションがあがることを目標にしちゃいましょ。

 

理想を言えばあなたの人生におけるミッション…いわゆる使命ですね。このミッションのもとにビジョンがれば最高でしてモチベーションを継続できるんですよ、コレがあるとですね。

 

 

無理せず逃げる

 

人生逃げ切りサロンって聞いたことありませんか?山本りゅうけんさんのオンラインサロンのことなんですけど、素敵なネーミングだと思いませんか?

 

逃げるが勝ちって昔から言うように逃げることは悪いことじゃないんですよ。むしろ逃げるのは戦略なんですね、あなたが力を発揮できるポジションに移動することなんです。

 

あなたの居場所について条件を整えて逃げ込むことができないか一度考えてみることもおすすめしますよ。

 

 

人生ボロボロって感じるとき現状を変えてみる

<% metaKeywords %>

 

自分自身を振り返り効果ありそうなことをやってみたけど状況が変わらないということはよくあります。なかなか自分自身の行動を変えてみるのは勇気が必要だったりそもそも色々やってみたよって人にもっとがんばれっていうのも無責任なことですよね。

 

そうなんです、変わりたくても変われないときもあるんですね。そんなときはどうすればいいか?

 

 

住む場所を変える

 

景色がいい街に住んでみるとか、趣味を楽しむのに都合のいい物件を選んでみたり、おしゃれな港町に引っ越してみたりですね。

 

生活というか、これから近い将来の人生であなたがなにを優先するのか考えてみたり、これまでのあなたの生活を見直してみるとか、人生が変わるきっかけになりますよね。

 

住環境が変わると行動パターンが変わるので無理なくいい感じに流れていけばそのまま受け入れちゃいましょう。人の感情ってちょっとしたボタンの掛け違いからグダグタになっちゃうものなのでちょっとしたきっかけがあればうまくいったりするんですよね。

 

 

仕事を変える

 

人生ボロボロになるまで頑張ったあなたならそろそろ転職を考えてもいいんじゃないかって思いますよ。というか転職のようなイベントが人生の転機になるのではないでしょうか。

 

人生100年時代のキーワードはライフシフトでありワークシフトはあたりまえのことなんですね。やってみたいから転職してみるのもありな世の中のになってきているんですね。ちきりんさんの人生が趣味っていう生き方ってステキなことだと思いませんか?

 

どちらかと言えばボロボロになる前に仕事変えてみて欲しいんです。3年やってみても芽がでないようなら他の仕事にチャレンジしたほうが世の中に価値提供できることができるって思いませんか?

 

 

行動を変える

 

人生を振り替えってみたとき、いくつかあなた自身の行いに改善点を見つけたよっていう人は素晴らしいです。

 

自分自身を客観的に見つめ直すスキルを持ち合わせている人なら習慣のスキルについて知ってほしいですよね。

 

あの松井秀喜さんも教訓にしていたという心理学者ウィリアム・ジェイムズの言葉

 

  • 心が変われば行動が変わる
  • 行動が変われば習慣が変わる
  • 習慣が変われば人格が変わる
  • 人格が変われば運命が変わる

 

実際にそんなまどろっこしく言葉を並びたてなくても習慣のスキルを身につければ行動は変わって人生も変わっていくもんです。

 

 

人生ボロボロすぎて死にたいと考えたとき

<% metaKeywords %>

 

人生そもそも1人でがんばって生きていくもんじゃないので、苦しくなったときは周りの人に相談するのがいいですよ。でも死にたいって思い詰めているくらいのときって迷惑かけられないし、近しい人には意外と相談できないものですよね。

 

そんなときには公共の相談窓口やプロのカウンセラーに相談してみることをおすすめします。1人で抱え込んでしまっている問題もアウトプットすることで整理できるものなんです。その状態で第三者目線でアドバイスしてもらえれば素直に聞き入れることもできるもんです。

 

ということで、公共の相談窓口とカウンセラーの相談窓口について説明しますね。

 

まわりに助けを求める

 

厚生労働相に相談窓口があります。都道府県の相談窓口への相談と全国共通の窓口があります。

 

また電話で相談しづらい方にはSNSでも相談もできるようになっています。

 

厚生労働省の相談窓口へのリンク

 

 

専門家に頼る

 

専門家とはいってもお医者さんではなくカウンセラーです。精神科医だとすぐ鬱判定して抗うつ剤を使わされてしまいすからね。

 

それよりも話し合いで解決することをおすすめしますよ。

 

teotle ”専属”カウンセラーに相談できるメッセージカウンセリングサービス

 

 

人生ボロボロなことばかりは続かない

<% metaKeywords %>

 

もしあなたの人生がボロボロだとして、人生を変えようと考えたときのアクセス方法は2パターンあります。どちらを選択すればいいかはここまでこの記事にお付きあいしてくれたあなたなら察しがついていることでしょう。

 

環境を変えていくやり方とあなた自身の内面にアクセスしてあなた自身の行動を変えていくやり方ですね。20代の若者になら前者の環境を変えていくことを勧めますが、僕たちみたいに40代、50代のおやじ世代となるとなかなか…??

 

おやじ世代な僕たちなら後者の内面からアクセスして行動を変えて、ある程度の稼ぎを見込めて家族を納得させてから動くことが現実的な選択になりますね。会社からの給与所得だけでなくリスクヘッジとしても副収入は必要ですしね。

 

あなたが自分自身のことを理解できてならいままで人生がボロボロだった原因が見えてきます。失敗例はもう頭の中に叩き込まれているわけですから、回避する方法も見えてきていますよね。

 

この感覚が分かってくるとボロボロだった人生のはずがうまくまわり始めるんです。そうなればもう失敗も怖くなくなるんです。だって失敗も経験を積み上げるための成果なわけですから早く行動したほうがよいことも分かりますよ。

 

ここまでくれば、どうでしょうか?

 

人生悪くないですよね。

 

 

2021/3/11 公開