人生は失敗ばかりと感じる理由

<% metaKeywords %>

 

これ知っておいたほうがいいおいしい情報ですよ、ツァイガルニク効果って知ってますか?

 

脳が持っている特長のひとつでやり残した体験は記憶に残りやすくなっているんですね。だからなんでしょうが、切りのよいところまでやってしまうっていうことですよね。

 

これは終わらせてさっきのことをすっきり忘れたいからという、脳の特長を長年の経験で知っているからこその習性なんですね。

 

 

チャレンジしている人は、たとえ失敗だったとしてもネガティブに捉える必要はありませんからね。成功とか失敗という判定結果よりもどんな変化があったのか、とか、どこまで通用するのか測定する目的もあるわけで○か×かといった二択にはならない経験や体験が貴重であることが多いですからね。

 

 

「というよりは結果は判断が良いと悪いの二極化してしまっている。
そして、失敗ストーリーに支配されている」

 

そうそうここで本題に戻しますね。

 

 

脳としては仕掛中の作業のことはずっと覚えているんですよね。失敗に終わった作業っていわゆる仕掛中なわけで、だからずっと覚えているわけですよね。

 

 

もし、あなたが脳のこんな特長を知らないと、とくにまじめな人だったりするとおちいりがちな罠として、あなたは自分が関わると失敗ばかりだと感じるんですよね。

 

僕もその1人でして根が完璧主義なためにいつまでも過ちを覚えていて変にへりくだり過ぎていて逆に傲慢な人間にイラつきを覚えてしまうという悪循環に悩んでいました。それも脳のこの特長を知り解消することができるようになりましたよ。

 

人は過去を忘れることで前に進むことができるんですね。

 

 

人生は失敗ばかりが当たり前

<% metaKeywords %>

 

何か新しいことにチャレンジするってなったときすぐに上手くいくことなんてあり得ないですよね。当然うまくいかなくって失敗ってことになるんですかね。でも成功ではなくてもここまでできたらOKってラインはありますよね。それは失敗ではなくまだ調整している最中であっていやまだこれからだよって思いませんか?

 

はじめたばかりだと当然のように成功なんてあり得ませんし、うまくいかなかったデータをもとにやり続けることが成功に繋がるわけですからね。そして、やり続けるなら習慣のスキルを発動するわけです。

 

ここで最悪なのが失敗を嘲笑したり茶化したりする幼稚な人たちがいるってことですね。出る杭は打たれる運命にあってチャレンジすることを良しとしない人がいるということなんです。

 

そこはメンタルも鍛えようって割りきってしまってあなたはご自身のチャレンジに集中することです。うまくいかなくて、周囲から好奇の目を向けられて疲れてしまったらひと休みして続けることが大切なんです。

 

もうひとつ、僕からアドバイスできるとしたら、もう今さら習慣の仕組みをあなたが考える必要はなくてすでにある仕組みを習得すればいいってことですかね。

 

 

人生は失敗ばかりな理由

<% metaKeywords %>

 

失敗は成功するための途中経過だっていうことが見えてきましたよね。

 

逆に成功ばかりな人って成長できるのか、または目標を正しく設定できているのか、そもそも失敗とか成功という判定にどれだけの意味があるのか疑問になってくるくらいですよね。

 

だって目的に向かって目標を決めるときいつまでにっという期限を設けるわけで、その期限に間に合う間に合わないで、失敗ってなるのならたいした話ではないですよね。

 

それよりも目的に沿って成長できているか、とか、そもそも目的は正しいのかを見極めて進みたいですよね。そんなときに結果をチェックするのが失敗? いや、良否判定と言った方が正しいでしょうね。

 

これPDCAっていう考え方でチェックしながら進めていくやり方で、言い方変えれば常に失敗を繰り返しながら作業を進めていくやり方なんですね。

 

コツコツ失敗を繰り返して大きな失敗を未然に防ぐというやり方なんですね。良いも悪いも結果がすべてだということです。

 

そう考えると行動というのは実験であり、検証を繰り返して期待する結果を得るという心掛けが必要なんですね。

 

事実に基づくデータを持っている人は魅力的ですし説得力もありますし、信頼もできちゃいますもんね。失敗を避けるのではなく実験データを集めていくことを心掛けることで人生をアグレッシブにあなたの思い通りに生きていくことができて幸せをゲットすることができるんですよね。

 

失敗ってネガティブなイメージが強いですけど日本特有の文化からきている考え方で世界きってのスタートアップの街シリコンバレーでは失敗の数がステータスになるんです。

 

僕たちもポジティブな失敗自慢ができるように日々精進ですね。

 

ではさいごにまるっと人生は失敗ばかりと落ち込んでいるあなたへのもうひと押しですよ。

 

 

人生は失敗ばかりまとめ

<% metaKeywords %>

 

失敗を覚えているのは脳のツァイガルニク効果

 

考えてみたら脳が重要視するのは生きながらえることであり種の繁栄なんです。だからリスクであると判断した失敗体験は次の機会では回避できるように記憶することになるんですね。

 

まぁだから失敗の記憶にはあまりこだわらないでそんなもんだということを知ってもらえれば少し気持ちも晴れるのではないでしょうか?

 

失敗はネガティブなことではなく調整行動

 

そもそも失敗はネガティブなことではなく調整のための行動だってことでしたもんね。習慣のスキルを発動して淡々と敗を繰り返して目標という通過点を通り抜けてゴールを目指していくんですよね。

 

PDCAという考え方、行動は実験である

 

失敗はPDCAを回すために必要な結果であって継続的な成功のためにはチャレンジと失敗が不可欠な要素と言えるんですね。であれば行動するときには失敗を前提とする課題設定と検証するための答えと根拠が必要なわけです。これ毎日が実験であるって

 

こう考えると小さな成功とは目標設定の失敗とも考えられる?

 

成功も失敗も結果の表現が違うだけなんだし、成功も失敗も次に続きはあるんだからチャレンジして思いっきり失敗してリカバリーすることで成長していくのが理想的な生き方なのではないでしょうか?

 

 

2021/3/27 公開