FoodTech(フートデック)って何?

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

 

最近ググってるとフードテックって知って調べてみたんだけどよく分からないんだよね。

 

飲食業界の革命みたいなことなんだろうけど、なにが起きてるのかな...???


 

そんなあなたの疑問におこたえしますよ。

 

 

 

 

本記事の信頼性

 

 

半年間、Audible(オーディブル)でコンテンツのネタをインプット

 

コンテンツを充実した結果GoogleAdSense獲得

 

ブログの収益化に成功し、スモールビジネスについてコンテンツ作成を行っています


 

タガヤス@人生が変わる習慣を完全実践マニュアル化

 

そしてこのサイトがAudible(オーディブル)を活用することでGoogleAdSenseを獲得できたというサイトになります(人生やり直しの教科書)。

 

 

それでは、前置きはこの辺りにして、さっそく解説していきますよね。

 

 

食に関わるマーケット全般での技術改革で捉えると2025年までに700兆円のビジネスチャンスがあると試算されています。主だったところでは代替えたんぱく質、ロボット配達、水溶栽培、食品ロス、IOTといったところですよね。

 

そのなかで食品ロスについて農産省のホームページでも特集されているんですよね。日本は食品ロスの量でいうと世界第6位になっちゃているんですけど、その量は年間612万トンになるんですよね。これって日本人が毎日お茶碗一杯分のごはんを棄ててしまってるってことになるんですよ。また日本のゴミの量は年間4,289万トンなんでして、これを処分するのに2兆円もの費用が掛かっているんですよね。食品ロスは年間612万トンですから1年間に排出される日本のごみ4,289万トンの約15%に相当するため処分する費用は3,000億円にもなるんですから驚きの金額...ですよね。この問題は社会の仕組みのなかで流通の問題や保存法を考え直すなどの取り組みで改善できる問題なんです。

 

 

Food Tech(フードテック)の世界て日本は遅れている現実

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

2016年10月に米国シアトルで食×テクノロジーのイベント「スマートキッチン・サミット(SKS)」が開催されました。日本初のFood Tech(フードテック)本である「フードテック革命」を監修された外村仁(Hitoshi Hokamura)氏、執筆された田中宏隆(Hirotaka Tanaka)氏、岡田亜希子(Akiko Okada)氏、瀬川明秀(Akihide Segawa)氏一同はSKSに参加され、iPhoneが発売されたときに受けた衝動を思いだしたそうですよ。

 

とはいえ僕たちの凡人は歴戦の勇士たる面々の存在を知って、その方達が発信してくれる情報を入手してビジネスに役立てることが最優先なんですよ。日本がFood Tech(フードテック)の潮流に乗り遅れていることを憂いても仕方ありませんし、自己憐憫に浸っていても意味はないんですよ。そんなことより日本が世界に対して遅れているのであれば、最先端の情報を入手して先回りすることでビジネスチャンスが生まれるってことが重要な情報なんです。そうなんですよ、日本ではFood Tech(フードテック)にこそビジネスチャンスがあるってことなんですよ。

 

日本のなかで展開されている情報は遅れているとはいえ農林水産省のホームページではフードロス問題は取りあげられていますし、大手企業ではもうすでにフードロス対策として賞味期限切れによって廃棄される運命にある食料品を低価格で販売する仕組みはできあがっています。僕たち凡人より早く国や大企業に所属する頭のいい人達は動いているんですよね。

 

でもこの情報を掴んでいるのは、あなたを含めて一部の人だけなんですよね。僕もFood Tech(フードテック)について何処からともなく情報を仕入れ本屋さんで見つけたフードテック革命を読んだり、海外のFood Techサイトで情報そ仕入れ、アフィリエイト活動のなかでフードロス食品の再利用サービスがあることを知り、ググってみたなかで農林水産省のホームページで取りあげられていることを知ることができたんですよね。

 

今ならまだ個人ビジネスとして参入できるチャンスですし、僕といっしょにFood Tech(フードテック)に関する知識やテクノロジーをインプットして和食文化の進化に貢献してみませんか?

 

その先に広がっている大きな夢の世界が見えてきませんか?

 

 

Food Tech(フードテック)を因数分解してターゲットを明確にしてみる

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

ここで列挙するFood Tech(フードテック)を因数分解した項目はフードテック革命で発表されているFood Innovation Map Ver2.0で図解されている項目を大きく区分けしてみたキーワードになるんですね。もっと具体的にFood Tech(フードテック)について知りたいときは、「Food Innovation Map」でググっていただければその全貌を確認することができますので、どうぞご覧くださいね。

 

フードロス

売れ残りや食べ残し、期限切れ食品など本来は食べることができたはずの食品が廃棄される問題ですよね。フードロスについては賞味期限表示の変更で3分の1ルールにより大量廃棄されていた食料品を削減したり、フードシェアで飲食店などで余った食料品を割安で販売するサービスが始まっているんですね。

 

3分の1ルールっていうのは製造日から賞味期限までの期間を3分割して管理する方法で早めに食料品を処分して安全を保つための仕組みなんです。

  • 最初の3分の1が過ぎるまでに小売店に納品できなかったら廃棄
  • 3分の2までに販売できなかった商品は廃棄

 

食文化の継承・創造から非常食まで

来客予測AIによって食材や従業員数を調整することで、来客へのおもてなしを充実できるようになるんです。また自給率に関しては農家の高齢化による後継者不足から、放置された農地をフードテックを活用して再利用したり、付加価値の高い農産品に変更することで農地の有効利用と雇用の拡大に貢献しているんですよ。

 

購買の方法

テクノロジーの発展にともないどのテクノロジーを採用するかを見極めるのがポイントになるんですね。

  • 購買までをアシストするチャットボット
  • 玄関先まで来る自立型ロボットの導入
  • コウノトリみたいに空輸してくれるドローンの導入

 

家庭での食事

忙しいときにも手軽に調理ができる栄養豊富な食品も登場してきているんですよね。他にも、個人の好みや宗教的な理由、体質、健康状態などにあわせてレシピを提案するサービスなども注目を集めています。これにより、特定の食材についてアレルギーを持っている人が安心して食べられる食品も増えてきていますよ。

 

外食産業

フードロボによる調理から配膳の自動化や販売機でのラーメン販売のように無人販売の進化がもたらされることになるんですね。またゴーストキッチンに呼ばれる共用の調理上で料理されたメニューが配膳されてレストランに供給されるシステムが開発されることで、シェフは調理に専念できるなどのメリットが得られることになります。

 

調理の進化

最新のテクノロジーを取り入れた調理家電や調理道具を使って不自由なくレシピを選択できたり、生活シーンに応じたレシピが提案されることでストレスなく楽しく調理できるようになるんですよ。

 

たとえばAIを使ってユーザーの味の好みや気分、食事をとる場面などに応じてレシピを提案するアプリを開発することで悩むことなく献立を決めることができるようになるんです。

 

食材生産と食の透明性

食肉の代替えがメインの取組みになるんですけど、これって環境問題も解決できるメリットがあるんですよね。というのは環境問題で大きく取り上げられている人間由来の温室効果ガスの51%が畜産から放出されているという事実が分かったんですね。そうすると化石燃料を使わないようにする取組みよりも、肉の消費を減らしたほうが環境問題にも効果があるってことになるんですよね。「食」の問題が環境問題のスタートになるのではないかと言われている事実にも注目なんですね。

 

物流とパッケージ

ICT(情報通信技術)を取り入れることで需要にあわせた供給が個人飲食店や個人宅レベルで対応できるようになってきたんですよね。そうするとムダな配送、梱包もなくなりますし、新鮮な食材を必要なときに必要な量だけ入手できるようになるんです。

 

食事・料理体験のコアテクノロジー

フードテックを構成するテクノロジーは、AI、ブロックチェーンといったソフトウェア技術から、ロボットから3Dプリンターなどのハードウェア技術、植物由来の成分あるいは細胞培養によって製造される代替肉のような「食」固有の技術まで幅広い分野に及んでいるんですね。

 

 

Food Tech(フードテック)における世界の現状

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

この2ヶ月間、Food Tech(フードテック)に関するスタートアップの話題を調査してみた状況から世界のトレンドとして調理の進化・食材生産・物流において米国や中国における活躍が目覚ましいことが把握できてきています。

 

いずれもテクノロジーの進化が目覚ましくて有名料理家のレシピ通りに火加減をコントロールできる調理システムが開発されていたり、牛肉の培養や3Dプリンターによるハンバーガー用パテの製造も実現できるようになっているんですよ。

 

物流においては、中国におけるケンタッキーの無人販売車が発見されたという情報であったりハリウッドでテスト運用が開始されているロボット配達が始まっているという驚異的な進歩を目の当たりにしているところですよ。中国人のまずやってみよう精神には脱帽して素直に中国語の学習から始めた方がいいんじゃないかって感じておりますよ。

 

 

Food Tech(フードテック)において日本の大企業がシェアする領域

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

遅れていると言われる日本でもフードロス問題には農林水産省でもホームページで活動報告をあげているようにドギーバッグの開発やフードロス問題に取り組む企業やスタートアップを紹介したりと積極的な活動は見られていますよ。日本の大手企業でもフードロス問題に対しては賞味期限に配慮した流通網を再構築して安価な商品を提供するアプリを開発する活動に取り組んでいます。それがこのサイトでもアフィリエイトで活動を推奨しているサービスである「【atara(アタラ)】」、「junijuni」になるんですよね。

 

僕たちブロガーはアフィリエイトでこのサービスを広めることでフードロス問題に貢献していくわけでこの記事を通してフードロスに問題に関心を持ってもらってありがとう人にはこんな取り組みが日本でも行われているんだよって広めていただけたら幸いです。

 

 

Food Tech(フードテック)において個人ビジネスのターゲティング

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

短期的な収益性を重視する大企業には参入しずらいテーマであるフードロス、食文化の継承・創造から非常食までが個人ビジネスでは狙い目になるんですよ。「食」に関する社会課題を解決することを事業領域とするスタートアップが増えています。特にフードロスの問題は分かりやすいんですけれど対処法が様々考え出せるのでスタートアップには最適なんですね。

 

有名どころでいうと、急速冷凍のディブレイクは農家で余ってしまったフルーツを急速冷凍し、手軽に食べられる小分けのフローズンスイーツとして販売していますよ。またコークッキングの「TABETE(タベテ)」は、飲食店で余ってしまった料理を少し安くして販売できるプラットフォームなんですね。

 

 

2020年日本のFood Tech(フードテック)まとめ

 

人生,変える,習慣,フードテック,Food Tech

 

フードテックについてさっくりまとめてみましょうね。

 

食に関わるマーケット全般での技術改革として捉えると2025年までに700兆円のビジネスチャンスがあるということでしたね。

 

でも大切なことはお金ではなくって環境問題に大きく関わっているってことでしたよね。食品ロスとゴミ問題だけではなくって代替え肉が畜産ガスの発生を減少し地球温暖化を抑制できるんですよね。なんと奥の深い繋がりがあることでしょう。

 

Food Tech(フードテック)の世界で日本は遅れている現実

 

ちらほらフードテックってワードを目にするようになってきていますが、日本はこのビジネスに乗り遅れてしまっているんですよね。ってことは僕たちにもビジネスチャンスがあるってことなので今から情報かき集めてビジネス始めちゃいましょうよ。

 

Food Tech(フードテック)を因数分解してターゲットを明確にしてみる

 

いやいやビジネスというより、フードテックってなんなのってなりますよね。そこでググりやすいようにキーワードと概要説明をさっくりまとめてありましたよね。気になるようならもう一度ご覧くださいね。

 

Food Tech(フードテック)における世界の現状

 

そして最先端ではどんなことやっているのってことでした。かなりカルチャーショックを受けちゃうぐらい進歩しているんですよね。

 

Food Tech(フードテック)において日本の大手企業がシェアする領域

 

日本が遅れているとはいえ、大企業はお金と人をかけて短期的に収益化してきていますからね。もうすでにレッドオーシャンになっているカテゴリーもありますしサービスや情報を提供してくれていることもありますから、ビジネスに活用できるってことでしたよね。

 

Food Tech(フードテック)における個人ビジネスのターゲティング

 

そして肝心のブルーオーシャンはどこかってことで、僕たちがビジネスを立ち上げるカテゴリーは次の2つを提案していますよ。

 

  • フードロス
  • 食文化の継承・創造から非常食まで

 

ということで、みんなでアイデアを出しあってフードテックビジネスを盛り上げていきましょうよ。

 

 

2020/12/22 公開