私について

人生,変わる,習慣

 

まずこの写真が私が目指すビジョンを表現しています。それはずばり彼の地と航路でつながるリゾート運営することです。クラウドファンディング&クラウドソーシングで実現したいと考えています。そのために人格を高めることは当然のことでありデジタルマーケティングのスキルを身につけ高めていく必要があると考えています。

 

 

アラフィフでエンジニアをやっているタガヤスです。

 

人生やり直しのため習慣化のスキルを極めています。最短距離で進むため実験&検証をモットーにして情報発信に努めています。習慣の力×副業できっかけを作り、このビジョンを目指して羽ばたきます。みなさんも、どうぞご一緒に飛び立ちましょう。

 

Twitterでは毎日情報発信していますので、なにかあればこちらのTwitterアカウントにダイレクトメッセージしてもらえると嬉しいです。
タガヤス@人生が変わる習慣を完全実践マニュアル化


 

そんな大風呂敷をひろげる私の現在地はというとアラフィフ、もうかれこれ20年以上も思考停止を発症した状態で与えられた仕事を黙々とこなすだけの一介のエンジニアです。そんなオワコン化したおやじエンジニアが分野も違う上にこんな突拍子もないことを思いついたのかというと、昔からの妄想癖というか根拠のない自信を持ちあわせているからです。そういう意味では私はテキトーな人間なのかもしれません。

 

アラフィフになってようやく人というのは自分ひとりでは自分のことを正確に把握できないということを知りました。自分のことを知るためにはまず心を開いて話し合えるパートナーを作らないと、本当の自分を知ることができないということになるんです。人生50年近くもの間、私は自分のことも知らないまま生きてきたことになるんです。これはもう衝撃の事実です、いやほんとに...

 

こんな私ですが結婚はしていて子供も1人授かっております。仕事がキツイときは家族のためと言い聞かせ我慢を積み重ねて30代、40代と多くの時間を会社のために差し出し代りに賃金をいただき生活してきました。これまではライスワークのためにゴールデンタイムを差し出し、空き時間でささやかな趣味を楽しんだり、酒で酔って現実逃避することでストレスを発散させながら生きてきました。

 

じゃあなぜ、今こんな活動をしているのかっていうと忘れもしないあれは2017年6月のこと、脳梗塞を発症しそれから2ヶ月の入院&リハビリ生活を送ったときに味わった絶望感があるからです。当然のように会社はなにもしてくれないし、同僚の見舞がないのもまあ気楽ではあったけど、ちょっと寂しかったかな。退院したあとに気心の知れた同僚と話した中で会社の上司からかん口令が敷かれ入院していることは知らされていたけど、病名までは知らなかったそうでw

 

あれですね、労災とか絡むから無用な情報が流れないように情報操作しているんですよね、会社って。社員ひとりがどうなっても会社を守る必要があるからリスクは切り離されてしまうんですね。退院後もそんな感じでしたし。このときは即会社を辞めようと思って退職金を計算したり、家の借金の残金を問い合わせてみたり、がっつり退職の準備を進めちゃいましたね。だって入院中には非日常のなかで働きアリみたいに生きてきて、その結果、体を壊してオワコン化するのかって絶望感を味わってるのに、会社からはリスク扱いされているんだもん、そりゃ辞めたくなりますよね。

 

まぁでもこのときも我慢スキルが発動して退職せずに、健康を取り戻すまでは会社にとどまっておこうという周囲からの説得に屈服しまして...でも、このときから副業としてアフィリエイトやブログを始めたり、本を読んだり講演会に参加したり行動するようになりました。そういう経緯からこのブログも始めたわけです。なのでマジで習慣化のスキルを極めて、改善を1年で37.8倍にするノウハウを実践しなわけにはいかないんです。その成果はここで情報発信していきますので、あなたは私の成功例をマネしてもらえれば、同じような成果を得られる仕組みになっているわけです。