GSX-R1000はスズキのフラッグシップモデルだ

GSX-R1000を乗りこなせ!

GSX-R1000はスズキのフラッグシップモデルだ

  
GSX-R1000はゆわばスズキのフラッグシップモデルじゃし、純レーシングマシンでもあるんじゃ。

GSX-R1000がレーサーのレプリカモデルゆぅたら、嘘になるんじゃけぇねぇ。

そこが他社のレーサーレプリカマシンとGSX-R1000との違いゆえますけぇねぇ。

GSX-R1000に数点のレース用のパーツをつけりゃぁ、そのままレースが出来てしまうぐらい、完成度が高いゆうか、レーサーそのもんじゃ。

今のGSX-R1000は2003年に、細部のパーツの見直しによって、エンジンをリファインされたモデルじゃが、25゜バンクの水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンは、もともと4気筒エンジンでありもって極限まで軽量化されとるばかりか、ピストンのモーションアベレージが均一にするために、各ピストン間にベンチレーションホールを設けることで、一層扱いやすいエンジンに仕上がっとるんじゃけぇねぇ。


GSX-R1000のエンジン性能

GSX-R1000のエンジン性能を支える、吸排気システムにしても、エンジン始動を円滑にするAFISシステムや、チタン製のマフラーにドライビングに即応してからね、排気を制御するSETシステムが組み込まれ、より円滑なエンジン特性を可能にしとるんじゃけぇねぇ。

MotoGPマシンGSV-Rのデザインを踏襲したエアロダイナミックスを採用したデザインは、まさにアグレッシブゆう表現以外にふさわしい言葉が見つからん。

フレーム自体、前モデルもクラス最軽量じゃったにもかかわらず、更に2kgの軽量に成功しとるんじゃけぇねぇ。

これもMotoGPマシンGSV-Rからのフィードバックの賜物じゃが、新設計のツインスパーフレームによって乾燥重量がなんと168kgを実現しとるんじゃけぇねぇ。


GSX-R1000の存在感

足回りゃぁ調整し易いように、スイングアーム・ピボットをアジャスタブルにしてからね、メンテナンス性を高めとるんじゃけぇねぇ。

ブレーキに関しても抜かりゃぁ無く、レーサー仕様ともゆぅべき、大径ラジアルマウントのフロントブレーキや、大径のディスクとアルミ製ピストンを備えたデュアル対向ピストンキャリパーを採用したリヤブレーキが装備されとるんじゃけぇねぇ。

GSX-R1000に関してからね、アフターマーケットは他社のバイクに比べて、GSX-R1000の性格からレース用のパーツがおゆぅ、デザイン的なカスタマイズより、エンジン性能や、ブレーキやらの補強パーツが大半を占めとるんじゃけぇねぇ。

あえて外観に手を加えなくとも、GSX-R1000の存在感は確固としてからね、見るもんを魅了するもんじゃ。
Copyright (C) 2006 All Rights Reserved.