読書が遅いと感じたらすぐにこの記事を読んでください

読書,遅い

 

やっぱり速読スクール通ったほうがいいのかな。

 

今まで勉強してなかったから分からなかったけど読書すると世界が広がる。

 

言葉というか、いろんなジャンルの知識にふれるともっとシャワー浴びるみたいに知識の泉に浸りたくなる。

 

この記事では今あなたが感じている読書が遅いという悩みについて私自身の体験談だけではなく科学的な根拠もあわせてお伝えしていきます。

 

あなたは、この記事を読み終わったらもう悩みは解決されてすぐに知識のシャワーを浴びることができるようになります。

 

 

読書が遅いから速読をマスターするなんて考え方は間違っていて、やるなら聞く読書です。

 

理由は3つあります。

 

  • スキマ時間を有効活用
  • 仕事のあとでもオーディオブックでやる気アップ
  • 倍速機能でスピードアップ

 

いいですか?

 

読書が遅いなら耳で聞く読書です。

 

読書の目的を考えてみてください。

 

すぐにでも知識をどんどんインプットしたいのなら、速読を勉強する時間がもったいなくないですか?

 

テクノロジーの進歩が実現した聞く読書こそ、あなたが選ぶべき最適解だと思いませんか?

 

 

この記事を書いている人:たがやす

 

ビジネスで稼ぐことに目覚め時間があれは聞く読者でインプット&ブログライティングやってるアラヒフ会社員。
「自分中心の経済圏でみんなとゆるく繋がる」をミッションにしてSEOだけのブログ運営で集客に成功。
日々の自己啓発のなかで、テクノロジーの進歩が技術だけではなく思考や知識の影響力の大きさを痛感したので自己啓発サイトの運営をはじめる。
ビジネスやマーケティングの知見も積み上がってきたので「0→1」に役立つ情報を提供していきます。

 

 

いつでもどこでも読書三昧で毎日が知識のシャワーでリフレッシュと成長の繰り返しで昨日までのあなたは過去データとなりデータベース化されていくことになります。

 

あなたは常にビジョンを更新しながら毎日の目標をアップデートして先へ先へと加速していきます。

 

夢をあきらめる必要はなく、夢をかなえるためにあなたの人生があることを思いだすでしょう。

 

 

 

>>【体験談】オーディブルの倍速とブックマークそれから裏技の教科書

 

 

 

読書が遅い【解決策1】それならスキマ時間を有効活用

読書,遅い

 

まず始めに読書が遅いという問題を、So what?

 

問題の根本原因を考えるときの思考法です。

 

So what?

 

してみると読書が遅いことで、どんな弊害が発生しているか見えてきます。

 

発生している弊害は、読書に時間がかかりすぎているということ。

 

もし時間があり余っているなら問題ありませんが、読書に必要な時間が足りていないから、読書が遅いと感じているんです。

 

もう一度

 

So what?

 

してみると読書の時間をもっと確保したいとなります。

 

もちろんここで読書スピードをアップすることができれば、読書の早送りで結果として読書時間を増やしたことになります。

 

かといって速読をマスターしようと思ったらセミナーに通う必要があるので、時間もお金も投資する必要があります。

 

しかも速読の習得には6ヶ月の時間を要することになるのです。6ヶ月もの時間とお金をかけて、読書の時間を確保する考え方は効率のよい解決策とは思えませんよね?

 

 

だっていま読みたい本があるんです、いまその本に書かれている情報が欲しいんです、いまその本に書かれているスキルをマスターしたいんです。

 

今なんですから、解決したいのは。

 

それならもっといい方法があります。聞く読書です。

 

用途に応じてAmazonのAudible(オーディブル)とオトバンクのaudiobook.jp(オーディオブック)の2つの選択肢があります。

 

この2つを比較した記事がありますので詳細はそちらでご覧ください。

 

>>【提案】Audible(オーディブル)とAudiobook(オーディオブック)は併用がおすすめ

 

 

ここでは聞く読書で、読書が遅いという問題をどのように解決できるのか説明していきます。

 

読書が遅いという問題の根本原因は、読書の時間をもっと確保したいという思いから発せられるネガティブな感情が作用しているということ。

 

もし日常の有効に使えていない時間を読書に使えるとしたら、これは1つの解決策になると思うのですが、いかがでしょうか。

 

たとえば朝食の時間、通勤時間のなかで駅や会社まで歩く時間や満員電車のなかでの時間、もちろん仕事帰りの時間もそうです。

 

お昼休みなんかは聞く読書するには最適で頭を働かせて午後の仕事に効率アップの効果までもたらせてくれるかもしれませんね。

 

 

読書が遅い【解決策2】やる気ないときこそ聞く読書

読書,遅い

 

スマホとイヤホンさえあればいつでもどこでも耳で聞く読書です。

 

あなたに余計な時間を取らせることなく1日2時間3時間と読書できます。いやいや、仕事帰りは疲れているからちょっと読書する気にならないよって感じた人もいらっしゃるかと思います。

 

が、会社帰りちょっと歩いているうちに頭がリフレッシュされている経験ってありませんか。

 

そんなときイヤホンをセットしてスマホを操作すれば読書開始です。実は脳は疲れ知らずなんですよ、だから気分転換するとすぐに集中して読書に付き合ってくれるんです。

 

これは科学的な根拠も示されていて、人間の脳は運動するとニュートロンと呼ばれる神経細胞が活性化するとめ脳の活動が活発になることが実証されています。

 

元来、わたしたちは体を動かすようにできていて学習と記憶の能力が運動能力とかかわり進化してきた背景もあるからです。

 

やる気でないときはウォーキングでリフレッシュです。

 

いかがですか?

 

読書できる時間が一気に増えてきています。

 

健康のためにウォーキングされている人なら、さらに読書の時間が増えるってことになるんですね。

 

毎日3時間の読書ってすごくないですか、しかも無理なく実現できちゃうってところがポイントなんですよ。

 

これが読書を習慣にできるコツなんです。

 

 

読書が遅い【解決策3】倍速機能でスピードアップ

読書,遅い

 

聞く読書なら、AmazonのAudible(オーディブル)でもオトバンクのaudiobook.jp(オーディオブック)は双方ともに倍速機能は実装しています。

 

オーディブルは3.5倍まで設定可能で、
オーディオブックJPは4倍まで設定可能です。

 

私は通常2倍で聴いています。

 

私が知っている限りの最速はインフルエンサーのリュウケンさんで、4倍で聴いているという話をYouTubeで観たことがあります。

 

2倍でもかなり効率はよくなるので通勤時間とウォーキングをちょっとしやってみれば1日1冊を読破できます。しかも2倍ならすぐ慣れるので誰でも速読できるようになります。

 

たとえば、私のいくつかある人生のバイブルのなかで「ジェームス・クリアー式複利で伸びる1つの習慣は再生時間が9時間18分です。倍速で聴くと4時間48分になります。

 

私のばあい朝の通勤時間で1時間30分確保できます。帰りにオーディオブックを聴くときには、ちょっと廻り道して2時間30分かけて帰宅することにしてきますので、これで1日4時間を確保できます。

 

お昼休みや帰宅後にちょっとオーディオブックを聴く時間をとれば1日で読了できるということです。

 

 

読書が遅い3つの解決策まとめ

読書,遅い

 

読書が遅い人には聞く読書がおすすめということでした。

 

そしてその理由は3つです。

 

  • スキマ時間を有効活用できる
  • 仕事のあとでもオーディブックでやる気アップ
  • 倍速機能でスピードアップ

 

 

読書が遅い【解決策1】それならスキマ時間を有効活用

 

いま読みたい本があるんです、
いまその本に書かれている情報が欲しいんです、
いまその本に書かれているスキルをマスターしたいんです。

 

今なんですから、解決したいのは。

 

だから聞く読書です。

 

 

読書が遅い【解決策2】やる気ないときこそ聞く読書

 

スマホとイヤホンさえあればいつでもどこでも耳で聞く読書です。

 

あなたに余計な時間を取らせることなく1日2時間3時間と読書できます。

 

いやいや、仕事帰りは疲れているからちょっと読書する気にならないよって感じた人もいらっしゃるかと思います。

 

が、会社帰りちょっと歩いているうちに頭がリフレッシュされている経験ってありませんか。

 

そんなときイヤホンをセットしてスマホを操作すれば読書開始です。実は脳は疲れ知らずなんですよ、だから気分転換するとすぐに集中して読書に付き合ってくれるんです。

 

やる気でないときはウォーキングでリフレッシュです。

 

 

読書が遅い【解決策3】倍速機能でスピードアップ

 

聞く読書なら、AmazonのAudible(オーディブル)でもオトバンクのaudiobook.jp(オーディオブック)は双方ともに倍速機能は実装しています。

 

オーディブルは3.5倍まで設定可能で、
オーディオブックJPは4倍まで設定可能です。

 

私は通常2倍で聴いています。

 

 

くれぐれも速読をマスターしようなって考えちゃだめですからね。読書は手段であって目的じゃないんですからね。それに今やるべきことはもっと他にあるんですからね。じっくり考えてみてくださいね。

 

 

聞く読書は速読だけじゃないマニアックに便利な使い方を大公開

読書,遅い

 

ここでは聞く読書の代表格オーディブルの使い方について簡単に説明していきます。

 

  • ブックマーク
  • 倍速
  • こんなデメリットにマニアックな解決法

 

ブックマーク

 

速読ばかり気になっているようですが本を読んでいるとき、ここメモりたいなんてことよくありますよね。

 

そんなときにオーディブルならブックワークすることで大事なところを簡単操作で記録できるのです。

 

せっかく仕入れた大事な知識ですからしっかりあなたのものにしてください。

 

倍速

 

先ほどもお話した通り2倍はもうふつうに聞けるレベルです。これだけで1冊にかかる時間は半分になりますからかなりの効率化です。

 

でも2倍速で聞き逃すのが不安というあなたもご安心ください。

 

スキップ操作で30秒の巻き戻し/早送りができますので気になるところは何度でもリピートしてください。

 

 

と、通常つかうのはこんなところです。

 

オーディブルを使ってみてイマイチだな、と感じたのが図を参照しているときの問題です。

 

オーディブルで図を使うときの問題とは、そして解決策は

 

オーディブルを聞いているだけなら問題ありません。

 

ですがオーディブルを聞きながらメモを作っているとき他のアプリに切り替えてオーディブルに戻ってくると!

 

図が1枚目に戻っています。

 

これを繰り返していくうちに図を見ることはあきらめる羽目に。

 

 

この解決策は図をあらかじめPDFファイルでダウンロードしておけば解決です。

 

この他にもマニアックな使い方をまとめていますので気になる方はこちらの記事へ

 

>>【体験談】オーディブルの倍速とブックマークそれから裏技の教科書

 

 

2021/11/16 更新
2020/11/26 公開

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

↑ブログランキングに参加中です
 フォローしてくださると嬉しいです


トップへ戻る