【読書の魅力】体系的にまとまった情報が得られる

読書,魅力

 

読書の一番の魅力ってなんだと思いますか?

 

知りたいテーマについて、ひととおりの情報がまとめられているということですよ。

 

しかもそのテーマの専門家が監修してくれているので、重要なところは、深く踏み込んで説明してくれています。

 

初心者むけの本だと、浅く広くまとめられていて、それくらいの情報ならインタネットでもみつかるので、読書するまでもないと判断できますね。

 

今はもうスマホでググるのは常識ですから、ちょっとした情報は、だれかに聞く前にググりなさいってことです。まして、わざわざ本をつかって情報収集しようって人は少なくなりましたよ。

 

 

スマホでググる、これが常識です。

 

でも、ちょっと専門的な知識が欲しくなると、途端に情報がみつからなくなるんです。

 

そんなときには、本の出番です。

 

テーマに特化した情報だけではなく、関連する情報についても解説してくれています。これ、助かりますよね。

 

気づきを得ることができますし、インターネットで、調べて知っていた断片的な情報が、つながっていくんです。感覚的には、キミの知識が棚におさまっていく感じです。

 

そうなんですよ、読書をするとキミが持っている情報が整理され、キミの知識として吸収できるんです。

 

 

【読書の魅力】体験できない経験が得られる

読書,魅力

 

読書の魅力として欠かせないのが、筆者の貴重な体験から得た見識を知ることができることなんです。しかも、ただ知るだけではなくて、本には筆者が考えたこと、見たこと、感じたこともまとまっているんですよね。

 

 

読書しながら、著者が考えたことを考察し共感したり、自分ならこんな考えのもとに行動するんだろうなといった感じに思考するんです。そうすると日常では得られない体験をあなたはできたことになるんですね。

 

 

だって、同じシチュエーションになったとき、キミは、どう考えて、どんな行動をとるんだろうっていうとこまで考えているんですから。

 

 

実際には考えたとおりに行動できないわけで、キミの思い込みのなかでのお話しなわけですよ。でも、思考法を学ぶことで、この弱点というか、思い込みだけの妄想になってしまうことが回避できます。

 

 

全体を俯瞰(ふかん)してみたり、仮説を立てて結果と検証をしてみるとか、なぜなぜしてみることで本質を捉えてみたりとか。思考を駆使して、シミュレーションしてみることで、キミ自身の行動がイメージできるようになるんです。

 

こんな感じに、思考を巡らせながら読書することで、読書の質もあがりますし、キミの考える力も成長することになるんです。

 

これが読書で得られる「体験できない経験」 です。

 

 

【読書の魅力】好きな著者を選べる

読書,魅力

 

好きな著者を選ぶことは、キミがファンである著者が執筆した本を選ぶということになりますよね。

 

つまりその本は、キミが知っている人が書いた文章ということなので、伝えたい側の真意を受け止めやすいということになります。

 

日常でもそうですけど、知らない人と会話するときは変に気をつかってしまったり、質問されても、その真意が分からず答えられなかったりしますよ。

 

でも、友達とか気心知れた人と話すときは、雑な言葉遣いだったとしても、会話が成り立つもんです。

 

 

それに、読み進めているうちに著者に対して、何らかの感情を抱いていることに気づくことがありませんか?

 

ちょっとした違和感なんですけど、琴線に触れるか触れないか、または逆に地雷を踏んでしまうこともありますよね。

 

 

その先は読めなくなるまでいかなくても、頭にスーっと入ってこなくなるもんです。まぁ、そこまで極端なケースは、軽くながし読みしたときに判断できそうですけど、最近ならAmazonポチってやってみたり、電子書籍だったりすると逆に増えていくことになるんでしょうか。

 

 

ということで、読みたいテーマについての本が何冊かあったら、著者を比較検討してみるのもおすすめです。

 

 

【読書の魅力】自分のペースで実践できる

読書,魅力

 

これちょっとボクの経験談で、おまけでお話するんですけど。

 

ボクが勤める会社で、教育の一環で問題解決の研修を受講したんです。

 

とても充実した研修でした、
丸一日かけた研修で午前は聴講で午後からはグループで課題に取り組んで
問題解決を習得するキッカケを作るには、とてもいい体験でした。

 

 

いま思えばあの問題解決の研修のなかで、ポイントは2つということでした。

 

・イシュードリブン
・図説

 

実際の講師の先生は、ほんとう大変だったんだろうなって思います。

 

MECE(ミーシー)も知らない、
ロジカルシンキングもできない、
ましてやゼロベース思考という概念さえも知らない、

 

そんな我々に説明する必要があるんですからね。

 

 

ちなみにボクが運営するもうひとつのブログ「人生やり直しの教科書」にも、
論理思考の記事がありますので、キミの役に立つので、ぜひインプットしていってください。

 

読書からの学びはミーシーでモレなくキミのなぜ?に解決策、原因と根拠を教えてくれる

 

 

イシュードリブンは数々ある問題といわれている事象のなかで、
真の問題はひとつあるか、どうかくらいだということです。

 

ボトルネックを見極めろってことで、たった一つを選択するわけで、
もしかしたら、他の2番目くらいに捉えていた問題が真の問題かもしれない。

 

その研修では、この考えを、オプション思考と表現されていました。
なかなか分かりやすい表現なんじゃないかと今更ながら感心させられますよ。

 

こちらはイシュードリブンの仮説思考にまとめた記事になります。

 

本を読むならキミだけの結論があって著者の視点もとりこんで本と会話してみよう

 

 

ボクが何を言いたいのかって思ってますよね?

 

1日で、詰め込まれた研修を受けても何も理解できてなくって、
自分自身が本で半年かけてようやく問題解決を習得できたっていうことなんですよ。

 

インプットするだけではだめで考えて、アウトプットしてみて、初めて理解できるということです。

 

 

なにかスキルを習得しようとするとき、初心者の場合は自分のペースで実践してみることをおすすめしますよ。

 

 

とはいえ、読書が続かない理由について考えてみると、読書の欠点がみえてたんですよね。欠点を知ることで対策をとれば読書習慣を身にすることができるようになりますよね。

 

読書がもつ3大デメリットを知ることでキミの読書嫌いを対策してみませんか?

 

 

【読書の魅力】まとめ

読書,魅力

 

インターネットに様々な情報があふれている時代でも、
読書が魅力的である4つのポイントをざっくりまとめてみます。

 

 

  • 体系的にまとまった情報が得られる
  •  

  • 体験できない経験が得られる
  •  

  • 好きな著者を選べる
  •  

  • 自分のペースで実践できる

 

 

キミもこの4つのポイントをみて、ピンときたら読書習慣はじめてみませんか?

 

>>できることから始めよう。そんなあたなにできる自己啓発を提案します。

 

2021/6/19 更新
2020/11/21 公開

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

↑ブログランキングに参加中です
 フォローしてくださると嬉しいです


トップへ戻る