人生の楽しみ方はビジネスから学べる

<% metaKeywords %>

 

ビジネス始めるだけで人生が楽しくなるってどういうこと?

 

それって結局、、、お金があれば人生楽しくなるってことじゃないよね?

 

 

そんな声が聞こえてきそうなので、ビジネスについての捉え方と結論を先に明かしておきます。

 

 

人生の楽しみ方とビジネスの関係は、ビジネスで大切な三大要素を知ることで納得できます。

 

  • ビジネスから世の中の原理原則を知る
  •  

  • ビジネスはスキルよりマインドが重要
  •  

  • 行動心理学や社会心理学の知識を得る

 

ビジネスは、『お金を稼ぐこと』が、目的ではなく、『世のため人のためになる活動のこと』なんです。

 

 

私はもう30年近く会社員をしていて、技術職だったことから、ビジネスとは縁もなく生きてきた人間です。しかも、この20年は給料あがらず、働き方改革では残業は減り、さらに所得はさがりました。

 

最近では終身雇用も崩壊し、雇用も不安定になってきましたし、私が勤める会社は中小企業であるため、会社の存続自体が怪しい状況です。

 

そんななかで、3年前に一念発起し起業を目指すため、ブログアフィリエイトに取り組みましたがあえなく失敗。

 

そのあとは、いくつかのオンラインサロンに加入したり、Twitterを始めたり、情報教材を買ってみたり、とにかく思いつくままに行動してきました。

 

起業を目指しはじめて3年が経過し、ようやくビジネスの本質という考え方に出会いました。そのなかで、マインド(潜在意識)の存在に気づくことができたのは大きかったです。

 

かなり、遠回りしてきましたおかげで様々な罠があることを学びました。このおかげで、最近は情報の良し悪しが判断できるようになってきましたのでこのサイトのなかで紹介していきます。

 

マインドが整ってくるとチャレンジが楽しくなり、見えないゴールもはっきり意識できます。

 

人生の楽しみ方ってほんとうにあるんだなって実感できました。あなたも、私が失敗を重ね、知り得た手順を実行すれば、3ヶ月もあれば人生を楽しめるようになることでしょう。

 

3年かかってしまった私だから、いくつもある罠を回避する方法をお伝えすることもできますし、実感している人生の楽しみ方を伝授することもできるのです。

 

本質を見極めることで、簡単に正しい道を進むことができるようになるので、ご安心ください。

 

ここからはビジネスこそがあなたの人生を楽しくしてくれるということを説明していきます。

 

ビジネスで成功するともちろんお金も入ってきます。でもお金よりも人生が楽しいと実感できることが何倍も貴重です。そんなビジネスの本質についてのお話しです。

 

 

ビジネスとは、営利や非営利を問わず、また組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。

 

 

これはググると1番上に表示されるビジネスの説明です。

 

抽象的すぎて、何が言いたいのか、結局のところビジネスってどういうことなのか分からないですよね。

 

そもそも事業目的ってなに?ってことなんですけど、じつは何でもよくって、誰かの困りごとを解決してあげることが事業となり得るんです。困りごとを解決する対価としてお金の支払いが発生し、手に入れたお金を資金として事業が継続可能となります。

 

大切なことは、お金儲けが目的ではなくて、そのまえに事業目的があることです。

 

じつは、お金儲けが目的でビジネスしている人にはお金は集まってきません。

 

なぜなら、お金は資本主義の原理原則に基づき、価値を提供した対価として支払われるからです。

 

ポイントはお金は後からついてくるということです。

 

この順番が、原理原則です。

 

 

お金は「あと」。

 

価値提供することが「さき」です。

 

 

価値提供とは何か?と、考えたときの答えは、すぐにはでてこないというか、価値とは人をひとり1人の相手を捉えていないと見えてきません。

 

たとえば、空腹の人にとっては、塩おにぎりが価値あるものになります。でも小腹がすいているくらいの人には、塩おにぎりではなくドーナツの方が価値あるものになりますし、喉(のど)がかわいている人には食べ物より飲み物のほうが価値があります。

 

相手を捉えて価値あるものを見極めて提供することがビジネスです。

 

相手に喜ばれることをしてあげるのがビジネスです。

 

 

他人に貢献することがビジネスなんです。

 

ビジネスに取り組むとき、つぎの3つの要素が身についていくことになります。

 

  • ビジネスから世の中の原理原則を知る
  •  

  • ビジネスはスキルよりマインドが重要
  •  

  • 行動心理学と社会心理学の知識を得る

 

それぞれ順番に解説していきます。

 

 

ビジネスから原理原則を知る

<% metaKeywords %>

 

ビジネスが単なるお金儲けではないことは、お分かりいただけたでしょうか?

 

他者貢献がビジネスの本質であるということでした。

 

 

この考え方が、人生の楽しみ方に通じることでして、

 

そもそも人生に楽しみ方なんてあるんだ? へ〜って感じに思われるかもしれませんけど。

 

でもビジネスをはじめてみると理解できるようになります。

 

 

ビジネスについて勘違いしやすいのは、目的はお金ではないのですが、お金がないと事業が継続できなくなるのでお金を儲けることは重要であるという点です。

 

事業を継続できないと、ビジネスは成り立ちませんし、収益を得る手段が、たったひとつの事業しかないとしたら、その事業が破綻すると生活もできなくなってしまいます。

 

ビジネスに対する認識って、一般的に生計をたてるために収入を得る手段ってことになっていないでしょうか?

 

 

この読書初心者の自己啓発サイトでは、ビジネスの定義をつぎのように考えています。

 

人生の楽しみ方というテーマに対して、ビジネスから2つの大切なことが学べるわけです。

 

  • 価値提供で他者貢献
  •  

  • 仕組化

 

お金ばかりを意識していると大切なことを見失いお客様の信用をなくし、お金がなくなりビジネスは継続できなくなります。

 

価値提供で他者貢献

 

ではビジネスをやるときに、大切なことってなんだと思いますか?

 

 

それは、他者貢献の精神を持っていることです。

 

ビジネスの世界でもそうですが、人として生きていくとき、他者貢献の考えができない人は、幸せになれません。

 

 

ちょっとあなたの日常を思い出してみて、どうですか?

 

他者貢献ではない人はどんな人でしょうか。あなたから積極的に話しかけてみたいと思えるでしょうか。

 

もし、その人がビジネスを始めたとして、応援してあげたくなるでしょうか。

 

 

他者貢献とはそういうことでして、人間関係においてその人物に対する判断基準のなかの重要な要素になります。

 

こう考えてみるとビジネスは、人と人の繋がりであることが理解できます。

 

だから他者貢献の精神で、価値提供できるようになれば、あなたのビジネスは絶対安泰です。

 

他者貢献と価値提供が、ビジネスの基本であり原理原則なので、しっかり理解しておくことをおすすめします。

 

 

仕組化

 

この記事を読んでくださっている人のほとんどは会社員の方だと思うのですが、ビジネスモデルと呼ばれる仕組みについて考えたことはあるでしょうか?

 

私も会社員ですから、みなさんと同じ仕組みのうえで給料をいただいています。

 

その仕組みとは、私が勤める会社の経営陣が作っている組織に属する従業員は労働力を提供して給与所得を得るというものです。

 

これまでの時代は大学や専門学校など、学業を終えたら会社に就職し人生の大部分を過ごすという社会モデルが一般的でした。

 

時代が進み個人でも生き方を選択できるようになり、仕組みが重要であることに気づいたとき、どうでしょうか。あなたは良い仕組みのなかで生きているでしょうか?

 

いまや個人でも仕組みをつくりビジネスできる時代において、まだ現状(いま)の生活を続けてみたいと思えるでしょうか?

 

私は自分の仕組みづくりにチャレンジしています。3年かかりましたが、ようやく軌道に乗りはじめました。

 

このブログでは私がこの3年で得た知見をまとめています。これらは、すべてあなたにさしあげます。

 

ということで、まずビジネスの基本は、他者貢献と仕組み化であることをご理解していただけたでしょうか?

 

 

ビジネスはスキルよりマインドが重要

人生,楽しみ,方

 

ベンチャー企業が成功する確率は3%である。

 

勝ち負けで表すと3勝97敗となります。

 

成功する人は繰り返し失敗しても、あきらめないので成功することができます。

 

世の中で成功している人は失敗しても、あきらめないでチャレンジし続けた人です。

 

どうしたら失敗を繰り返してもチャレンジし続けることができるでしょうか。メンタルがとてつもなく強靭だからでしょうか。

 

なかには人並み外れたタフな人もいるのは事実です。でも思考について学び考えたことがある人なら気づいていますよね。

 

仮説をたてること、推論すること、論理的に状況をとらえることができると、疲れなくなることに。

 

 

思考することで人生の目的を明確にすることができます。

 

人生の目的が定まると過去の失敗も、目の前の障害も、すべてが目的を達成するための養分に変わります。

 

シンプルな生き方ができるようになります。

 

ここでは次の2点について説明しています。

 

  • マインドをつくるのは思考である
  •  

  • 思考は感情を支配する

 

まずマインドについては、ここまででお話したことが、だいたいの答えになっています。

 

思考により、人生の目的が明確になると、マインドが整います。あとはその目的にむかって進んでいくだけです。

 

非常にシンプルな生き方になるため、マインドも安定するわけです。

 

 

思考は感情も支配する

 

この感情については、私は触れてはいけないゾーンにあるものと考えていました。

 

あの有名なThink clerlyで感情についてこんな捉え方をすることが、おすすめされています。

 

 

自分の感情に従うのはやめよう

 

自分の感情は不安定でありまったくあてにならないものである。

 

人間は自分の感情を読むより他人の感情を読むほうが得意。

 

自分の感情を正確に知るにはパートナーに聞いてみるのがいい。

 

あなた以外にあなたの心の決定権をもつ人はいない。

 

心のなかでどんな気持ちでいようと誰も知る人はいない。

 

自分が唯一の権力者であり修正機能が働かないために的確な自己分析はできない。

 

感情は鳥だと思うそんな遊び心が必要である。

 

自分の感情に向き合う必要はない!

 

 

これは振りきれそうになってしまったときの対処法であり、最終手段である、と考えています。

 

感情のなかで、コントロールできないのは、『怒り』です。これは対人関係にて発生する感情ですよね。

 

まずあなたが好意を持っている相手に対して、怒りを感じるケースは裏切り行為があったときくらいではないでしょうか?

 

このケースも事前に考えて対策を決めておけば取り乱すことはありません。もちろん相手に対する信頼は持っています。でも先のことは誰にも分からないものです。

 

もう1つ例を挙げてみましょう。どうしようもなくわがままな隣人に対する対処です。

 

少なくともそんな人物は人としてとらえることは禁物です。相手のことを尊重できないような人物は、それは猿です。相手の感情を逆なでしないように丁重に扱うだけですね。

 

そんな相手には思考とあわせて心理学の知見をもって対処することをおすすめします。

 

 

行動心理学と社会心理学そして人間心理学の知識が身につく

人生,楽しみ,方

 

ここでは次の3つのお話をしていきたいと思います。

 

  • 猿人間は心理学が最適である
  •  

  • 相手を知ることで需要と供給を作りだせる
  •  

  • 自分を知る哲学を学ぶ

 

まずあなたがいま1番知りたいお話から。

 

 

猿人間の対処には心理学が最適である

 

これは、あなたの住まいのお隣が、わがままで手が付けられないという、たとえ話です。

 

まず、行動心理学のなかでも有名な返報性の原理を使います。たまにお土産のおすそわけをしておけば、猿に美味しいエサを与えたことになります。

 

そうすると猿はよくなついてくれます。多少は言うことも聞いてくれるようになるでしょう。

 

こうなれば隣人が猿人間だったとしても人生を楽しむことができるようになります。

 

 

それで、手なずけることができたら、損失回避の行動心理を使ってみましょう。もともとワガママですから、手なずけたとしてもマナーがすぐに良くなるわけではありません。

 

もちろん問題行動は起こしてしまうでしょう。そんなとき冷たくあしらうことも必要になります。ワガママな隣人はご褒美のエサがもらえなくなることを恐れて、あなたにお伺いを立ててくることになるでしょう。

 

このとき優しく諭してあげれば、さらにお利口になることでしょう。

 

と、こんな感じに躾てみましょう。これは人生の楽しみ方として強力な武器になるのではないでしょうか。

 

 

相手を知ることで需要と供給を作りだせる

 

次は、ちょっとビジネスよりな社会心理学のお話しです。

 

ビジネスで収益をあげるためには、集客して、販売に至るまでの過程が重要です。

 

集客したお客様の気持ちが、どう変化するのか、またその気持ちの変化が行動に、どんな作用をもたらせるかを知ることで、お客様を販売まで導くことができます。

 

お客様の気持ちをよく知り、お客様が欲しい商品を提供できるようになれば、あなたのビジネスは成功です。

 

 

自分を知る哲学を学ぶ

 

人間心理学は進むべき道を示してくれています。有名なところでは、アドラー心理学ですが私がおすすめしたいのはマズローの人間心理学です

 

5段階欲求が有名ですが、もっと深いシナジーについて語ったユーサイキアのお話しを学ぶことで人としての目標を定めることができます。

 

ユーサイキアとは、5段階欲求の最上位である自己実現欲求の人たちで構成された社会のことです。

 

このユーサイキアの特徴は、利己的に行動したことがすべて利他に通じるため、人びとの関係はいつもシナジーとなることです。

 

それは理想郷だろう? とおっしゃるかもしれませんが、すべての人がビジネスを始めて、他者貢献が基本であることを学んだらどうでしょう?

 

他者貢献は利他に通じる考え方で、ビジネスにおける利他は、つまりリターンが得られることから利己にもなります。つまあり、利他であり利己である状態になっているわけです。

 

これがビジネスの素晴らしいところで、だから人生の楽しみ方とは?と問われたら。

 

私は、『ビジネスを始めればいい』と答えます。

 

 

ビジネスをはじめると人生が楽しくなる

人生,楽しみ,方

 

リベラルアーツとしての学びとリンクしているのがビジネスです。

 

いいビジネスをしようと思えば、いい人になればいい。

 

困っている人のために、どうすれば問題解決できるかをいっしょに考えて、ボトルネックを見つけだせばいいんです。

 

これからビジネスを始める人は、増えます。とくにネットを使ったビジネスは、いま急増していて、いまはまだ若干、先行者利益のある状況です。

 

 

とはいえ、会社員から、いきなりビジネスを始めるのはちょっと待ったほうがいいです。

 

会社員も社会人なわけで、社会のの基本を知っているつもりになっているかもしれませんが、じつは大切なことを学んでいません。

 

ビジネスで起業する、そのまえに、マインドを整えることが先決です。

 

何を言っているのか分からないけど、マインドについてはちょっと気になるあなたへ、次のお話しを準備していますので、どうぞ。

 

>>ビジネスで人生の楽しみ方を学びたいあなたへ。ちょっとその前に。

 

 

2021/8/22 更新
2021/5/26 公開

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

↑ブログランキングに参加中です
 フォローしてくださると嬉しいです


トップへ戻る