自己啓発本が意味ないのはなぜ?さあ、いっしょに考えよう♪

自己啓発本,意味ない

 

安定を求めて就職先を選んだのに、今どき大企業でもリストラ始まってるしな。

 

将来に不安を感じて自己啓発本を何冊か読んではみたけど何も変わらない気がする。

 

 

自己啓発本を読むときは目的が大事。

 

 

あなたの状況に応じた適切な内容であることを確認し選ぶようにしましょう。

 

ということで、まず目的を確認します。

 

 

読書初心者の自己啓発サイトでは、タイトルどおり、これまであまり読書をしていなかったあなたが、これから自己啓発するとき、失敗しないためのポイントをまとめています。

 

これまで自己啓発で繰り返し失敗してしまって、もう自己啓発本なんて意味ないよ、というあなたへ、私に最後のチャンスを与えてください。

 

 

まず私が言いたいのは、自己啓発の目的は、あなたのライフスタイルをつくることである、ということです。

 

 

ライフスタイルとは、生きざまのことでサラリーマンなら2つのパターンに分かれます。

 

『人を使う側』と、『人に使われる側』です。

 

ここで、自分らしく生きたいという人には、あなたのビジネスをもつことをおすすめします

 

 

サラリーマンは、どうしても経営者のライフスタイルにとり込まれてしまいます。これは仕組み上逃れられない事実です。経営者がつくりあげたライフスタイル上で運営する会社に従属しているということになるからですね。

 

 

この記事では自己啓発の本質が何であるか、あなたといっしょに考えていきたいと思います。

 

 

自己啓発するときに気をつけておきたい目的3点です。

 

  • 0→1の前にマイナス
  • 見えないゴールを設定する
  • 他社貢献と価値提供

 

 

もちろん自己啓発のなかで学んで欲しいことはこの3つ以外にもありますし、私が運営する読書初心者の自己啓発サイトでのスタートは、習慣を身につけることです。

 

 

でも、目的はというと、ここであげている3点です。
いつも意識して考えていてほしいポイントとなります。

 

 

こんな偉そうなことを言っている私も、アラヒフになりながら、まだ『人に使われる側』のサラリーマンです。

 

今まさに、0→1の真っ最中でして、私の描くライフスタイルは、頭のなかで膨らんでいるところです。

 

 

1つ提言がありまして、サラリーマンをしていても使う側、使われる側のほかに3つ目のライフスタイルがあるということです。

 

 

まず理解しておきたいのは、このライフスタイルの人はリスクヘッジだったり、シナジーを得るためにサラリーマンをしているということです。

 

なのでいま、サラリーマンの人も慌てて会社をやめる必要はなく、あなたのビジネスを作って、育てることに注力しましょう

 

会社とは契約関係があるだけで義理立てする必要はなくて、あなたは相応の労働力を提供できていれば問題ありません。

 

ということで、あまり意気込まないで、クールに自己啓発を進めていきたいと思います。

 

 

読書初心者の自己啓発では、日頃から、なんで、私は自分の思いどおりにできないんだろう、とか、どうせ自分なんか何もできない、と考えてしまうクセを持っている人が、自信満々に生まれ変わる方法を大公開しています。

 

成功体験がない人は、目的を明確にして行動できていないから成功体験できてないだけで、別に能力が低いとか、まして運が悪いわけではありませんので、この辺りの思い込みを取り払って、サクッと、成功体験してしまいましょう。

 

小さくても成功体験を繰り返していくうちに人生は変わっていきますので、まず体感していただきたいです。

 

自己啓発ではインプットしただけでは何も変わりませんし、いきなり本格的な課題に取り組んだとしても玉砕して自信がなくなるだけで、結果として自己啓発本なんて意味ないということになってしまうわけです。

 

 

なので自己啓発のなかで、あなたがはじめられそうなビジネスを始めてほしいです。まず狙うのはスモールビジネスです。

 

 

1人で実践できるマイビジネスを実践して成功体験を積み上げていただきます。

 

これまで体験していないことを経験すると思いもよらない化学反応があなたの脳のなかで起こって、意識しないうちに、心からパワーが湧きあがってくることが体感できます。

 

会社に依存しないであなたが見つけたマイビジネスで将来に対する不安よりも大きな希望を見つけることができるようになります。

 

今はまだ謎めいた言葉に聞こえているかもしれない、『見えないゴール』とか『他者貢献』が、あなたの意識のなかにも自然と芽生えてくることが実感できることに驚きを感じることでしょう。

 

これは、心理学やアファメーションという先人たちの『生きた知恵』なのでぜひとも活用したいものです。

 

 

自己啓発本は意味ない【対策その1】0→1の前にマイナス

自己啓発本,意味ない

 

これは、『ビジネスの申し子』わっきーさんからの学びになります。

 

モチベーションの保ち方というテーマでのお話です。

 

 

この思考を教わるまで、私は毎日が絶望の繰り返しでした。ある意味では、がんばっているからいいのではないか、と考えていましたが、継続した成長を考えたときに、1つ大きな問題があることに気づきました

 

絶望して次のチャレンジを試みるとき、うまく試行錯誤の波にのれているときは問題ないのですが、不意に思いつきに走ってしまうことが多々あるということです。頭の中では試行錯誤を繰り返しているつもりでも、絶望したときの思考は不安定なケースがあるために、後戻りや遠回りを繰り返すはめになるのです。

 

もしあなたも、私と同じように1年とか2年も頑張っているのに成果がでていないとしたら、ぜひ振り返ってみてください。

 

気づいたら、すぐにこの『0→1の前にマイナス』があることを思い出してください。

 

 

マイナスの状態とは、具体的に何がマイナスなのか、ピンとこないあなたに、この概念について説明していきます。

 

まず、マイナスの状態になっているのは、「マインド」であるということを記憶しておいてください。

 

これから、この「マインド」について説明していきますので。

 

 

「マインド」を説明する前に、「マインド」がマイナスではない状態、つまりプラスになるとどうなるかお伝えしますと。

 

成功マインドの状態です。つまり、あなたが、成功マインドの状態になると、何をやっても成功できるという確信をもって考え、行動することができるようになります。

 

聞いたことありませんか? −−− 成功マインドとか、強運

 

 

つまりは、そういうことです。もっと科学的な表現でいうと、『潜在意識』です。

 

 

こう聞くと、なんとなく納得できるようになってきていませんか?

 

 

「マインド」がプラスの状態が、成功マインドとか、強運なら、

 

「マインド」がマイナスの状態では、失敗、、、するとか、ツイてない、

 

そんな状態の人ですよね。

 

 

実はこれはスピリチュアルでもなく超能力の類ではなく、この世界の原理原則なんです。

 

 

1日の決断回数は、35,000回と言われています。

 

これをすべて意識して行えるかというと不可能な数値ですよね?

 

じゃあ、どうやって判断し、決断しているのかというと潜在意識で実行していることなんです。

 

 

だから潜在意識を変える、つまり「マインド」を変えることを念頭において自己啓発は行う必要があるということです。

 

 

 

自己啓発本は意味ない【対策その2】見えないゴールを設定する

自己啓発本,意味ない

 

これはアファメーションの技術になります。

 

ゴール設定というのはよく聞くビジョンのことです。自己啓発本を読んでいるとよくでてきますよね。人生設計するときの最終ゴールのことです。

 

このビジョンを考えるときの思考として人生をストーリーとして考えると、過去から現在、そして未来へと線路のようにつないで考えていませんか?

 

私も同様に一本線で考えていましたので、人生を変えるにはベクトルのような方向を変える力を思考でつくり進む方向を変えていくイメージを持っていました。

 

でもこれは、いまいる地点、つまり過去から連続した現在地の延長上に未来がありゴールがあるだけの寂しい未来予想ができあがってしまうだけです。

 

 

ゴールをあなたが望むゴールに設定することで、ほんとうに目指すべき、予測不能な未来予想をつくり実現することができるのです。

 

 

テクノロジーは日々進化ていますし、人間の能力には限りない力があることを考えればゴール設定は高くしておく必要があります。

 

 

ここでいう高さとは人間が持っている思考とそのレベルに応じて増減する知識量により積み上げられた台に昇って見える景色と考えてもらえばイメージできます。

 

とにかくあなたは自分自身をよく知り過信することなく将来ののびしろを十分に認識することを注意する必要があります。

 

 

自己啓発本は意味ない【対策その3】他者貢献と価値提供

自己啓発本,意味ない

 

3つ目のポイントは『嫌われる勇気』で有名なアドラー心理学から学んだ他者貢献の考え方です。

 

人が幸せになるために大切なことが他者貢献だとアドラーは説いています。

 

シンプルに考えると当たり前なことでして、あなたが友達になりたいと思う人が、身勝手でわがままなAさんか、他人思いで親切なBさんのどちらでしょう?

 

ここに書かれている条件だけで判断するとBさんになりますよね。

 

 

ただ世の中はそんなシンプルではなく人と付き合うとき、欲であったり、容姿にとらわれたり、相性なんかも関係してきます。

 

その中心に存在するのが、あなた自身となるため、あなたがわがままを押し通していると選べる相手も限られてくることになりますしね。

 

 

相手になにかを求めることも、わがままな欲求と言えるでしょう。

 

 

では、相手に対してどのようにアクセスしていけばいいのか、というと価値提供です。

 

 

あなたのお役にたちたいのですが、なにか私にできることはないでしょうか?

 

 

もっと言うなら、こんな感じでしょうか?−−−奥さんへのねぎらいの言葉です。

 

私が察するに、あなたはおそらく、息子のオンライン授業への対応でストレスを抱えていると思うので、ちょっと気晴らしに出掛けてみませんか?

 

 

価値提供は物やサービスだけではなく日常でも想定できるケースが多分にあります。

 

もちろん相手に応じて、対応は変えていく必要はありまして、どうしても無理な相手には関わらない、という対応も必要です。

 

こちらに利害関係がないケースではスルーしておきましょう。

 

 

あなたが、もしビジネスを始めるとしたら、価値提供すること、すなわち他者貢献の考え方は、基本となる、絶対必要なことであると理解しておいてください。

 

そして、深く学んでスモールビジネスを取り組むなかで身につけていきたいと考えています。

 

 

自己啓発本は意味がない。と言われるのは行動していないから

自己啓発本,意味ない

 

行動するとき必要になってくる3つのポイントについて説明してきました。

 

行動するときによくやる失敗がいきなり日常の生活のなかに取り入れてみることでして、これは100%失敗に終わります

 

もし仮説を立てた上で実践して結果を検証するというのなら、得られる成果は大きいので、ぜひ取り組んでほしいのですが、いきなり仮説&検証ができるレベルの人はなかなかいません。

 

私もまだ会社の仕事のなかではデータ検証まで、できていません

 

 

じゃあ、どうすればいいのか?

 

この読書初心者の自己啓発サイトでは、あなた1人で取り組めるスモールビジネスを始めることで、マインドを整えていく方法をおすすめしています。

 

  • 0→1の前にマイナス
  • 見えないゴールを設定する
  • 他社貢献と価値提供

 

この3つのポイントとなる考え方に沿った自己啓発としてのスモールビジネスを実践することで道は開けていきます。

 

 

でもここで、あなたはビジネスと聞いても、なにをやればいいのか、なにから始めたらいいのか分からないよ、そんな状況なのではないでしょうか?

 

 

それは当たり前のことなので自分を責めたりしないでください。

 

長年かけて我々は、与えられた課題に対して、あらかじめ決められた答えを見つけることを教わってきているため、いきなりビジネスやろうなんて考えについていけるはずがありません。

 

だがしかし、ビジネスのなかにはとても簡単に行動できることもあって、今すぐにでも始めることができます。

 

 

例えば、せどりと呼ばれていて、メルカリで安く仕入れた商品をAmazonで高く売ることで、その差額を儲けにすることもビジネスになります。仕入れ先はメルカリでなくてもホームセンターでも大丈夫です。

 

せどりもノウハウを購入したり、コンサルタントをつけることで稼げるまでの時間を短縮することができます。

 

 

またプログラマーや動画編集をオンラインスクールで学んでスキルを提供して稼ぐ方法もあります。

 

 

そしてせどりやスキルで稼いだ経験を生かして教材を作成してブレインで販売することもできます。

 

 

なかでも一番のおすすめはブログです。

 

リスクもなく誰にでもできて、大きな収益をあげることができるビジネスとして、ブログがあります。決して簡単には収益化はできませんが、ひとたび収益化できたときには、あなたにあらゆる可能性をもたらせてくれることでしょう。

 

なぜなら、ブログは、あなたが考えているようなたんなるブロガーになるだけではなく、ブログ事業として捉えると、俗にいう掛け合わせにブログが最適なことが納得していただけます。ブログはコンテンツメディアなので、コンテンツはなんでもあり、なわけです。

 

しかもブログの特徴としてインターネット上にあなたが構築できる資産なんです。仮想のなかでのお話になるため実感するのが難しいのですが、よくできたブログはデパートであり、ショッピングモールでもあり、専門学校だったり、道場にもなりうるメディアということなんです。

 

資産が育てば自動で収益をあげてくれるため、不労所得が発生して、さらに知識をインプットして事業を拡大していくことができます。

 

資本主義の本質に沿った生き方ができるのはかなりな強みです。難なく資産は膨らんで夢のような世界で生きていくことができるでしょう。しかも楽しみながら、です。

 

 

自己啓発なのにブログ?どいうこと!?

自己啓発本,意味ない

 

詳細はこのあとじっくり解説することにして、ここではあなたの疑問にさらりとお応えいたしましょう。

 

 

まず、自己啓発の目的として、

 

自己成長をうながし、
仕事とプライベートを充実させて
幸福な人生を送ることだと

 

考えてよろしいでしょうか?

 

 

これに対し、自己啓発とブログの相性の良さについて3つのポイントで解説していきます。

 

  • 自己啓発に最適。第三者伝授法
  • ネットを介して世界にむけて情報発信
  • リスク0でマネタイズ

 

まず第一の『自己啓発に最適。第三者伝授法』では、インプットするだけでなくアウトプットすることで、あなたが自分に取り入れたい思考や知識が身につくということ。

 

第二に、『ネットを介して世界にむけて情報発信』することで、あなたが発信したことを他の人がとらえた反応を見ることができますし、同じような他者の発信に触れることで、自分とは違った考え方に出会うことは成長にもつながります。

 

第三には、『リスク0でマネタイズ』です。これは先ほども触れましたが、実はビジネスへの近道でもあるということ。

 

 

以上のような理由で、自己啓発でブログをお勧めしております。

 

 

>>こちらの記事『自己啓発ならブログで目標設定と他者貢献。あなたらしさを取り戻そう』で詳細をどうぞ

 

 

2021/9/22 公開

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

↑ブログランキングに参加中です
 フォローしてくださると嬉しいです


トップへ戻る